活きカニとは?

活きカニ

活きカニとはどんなカニ?

どんな状態のカニが「活きカニ?」

活きカニとは、活きた状態でカニを通販してもらうカニのことを言います。 活きた状態ですので、単純に考えれば鮮度が一番高いと言えます。

通販でも活カニはなかなか見かける事がありませんが、とても新鮮な状態でカニを食べることが可能なので、 購入するチャンスがあれば一度購入してみると良いと思います。

どんなカニでも活きた状態で購入することができればもちろん新鮮です。 特にズワイガニの場合は刺身として食べることが可能になりますので、普段味わう事のない味わい方が出来ると思います。

活きカニは魚屋さんなどに行くと入手できる場合がありますが、長い間水槽で活かされていた場合には、身入りが悪く、 あまり美味しくないということもあります。 本当に美味しい活きカニを入手したいと思っているのであれば、 水揚げ後のカニを通販で送るシステムを既に実践しているカニ通販を利用するべきです。 そういったお店は、「活きたカニを、水揚げ後すぐに送ります!」とネットショップでアピールしているので、すぐにわかると思います。

このようなカニ通販は、産地直送で活きカニを送ってもらうことが可能ですから、 水揚げされてからあまり時間の掛かっていないカニを自宅に宅配してもらうことが出来るので、 すぐにさばいて食べることが可能で、刺身はもちろん、かにしゃぶやカニ鍋で食べても、本当に幸せを感じるほど美味しいと思います。

活きカニには、自分で捌かなければならないので、カニを捌ける人でなければ購入するのが難しいと思いますが、 さばき方などについてもわかりやすく説明書を同封してくれるショップが多くなっているので、 キッチンバサミや大きな包丁があれば、さばくのも可能だとは思います。

今まではカニを捌いたことがない人でも、チャンスがあれば、一度活きカニを購入してさばくのにチャレンジしてみるのも良いでしょう。 少しくらいさばくのに失敗してしまっても、自宅で食べるのであれば問題ないと思いますので。

最後に、活きカニとは言え、到着後に落ちている(死んでいる)場合もあります。 発想のときは活きていても、輸送や配達中に死んでしまうことがあるからです。 それでも、基本鮮度に問題はありませんので、心配することはありません。

ただ、冷凍のカニとは比較にならないくらいのスピードで、活きカニは、時間が経てば立つほど身が細り、 美味しさが落ちていきますので、到着後すぐに食べることを前提に購入日などを決めて下さい。

十分すぎる美味しさを保ってくれる、現在の冷凍技術が誇る冷凍カニ。 その冷凍カニと比べると、面倒なことが多少ありますが、それでも食べてみる価値はあると思います。 本当に新鮮な状態の活カニは、どんな味がするのか、一度確かめてみてはいかがでしょうか? これまでに味わったことがないような、濃厚な甘みを確かめることが出来るかもしれませんよ。

IP分散のメリット